平成23年、世田谷区議会議員に初当選させて頂き、早いもので3年が過ぎました。この間政治家として多くの経験・研鑽を積むことができました。これもひとえに皆さま方のご支援の賜物でございます。心より御礼申し上げます。

 区議会議員としての3年を振り返ると、世田谷区の財政支出の約4割を占める福祉保健分野で、地域包括ケアシステムを踏まえ、区民の皆さまが健康で質の高い生活を送ることができるようひとりひとりの声に耳を傾け、私の出身母体である歯科医師会はもちろん医師会・薬剤師会との連携を密にし、議会を通し行政に働きかけて参りました。

 平成25年5月からは、文教常任委員会、地方分権・地域行政制度対策等特別委員会に所属させて頂いております。地域の未来を担う子供たちが質の高い教育を受けられるよう、そして少子高齢化・待機児童の問題の解消などを踏まえた上で、膨張し続ける区の施設等を適切な状態に新設・削減し、保健福祉の分野においては成人歯科検診・口腔がん検診などの検診事業の充実および特定検診等の受診率の向上を図っていきたいと思っております。

 これからもできるだけ多くの皆さま方のお声に耳を傾け、区政に反映させていきたいと思っております。どうぞこれからもご指導・ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

平成26年8月 安部弘幸

Page top